現在加入されている火災保険を有効活用しませんか?築3年以上の建物は平均100万円から150万円ほど保険見舞金を貰いそびれています!業界トップクラスの調査実績(累計13000件突破)2019年全国平均受給額119万円!各専門家からのお墨付き! 現在加入されている火災保険を有効活用しませんか?築3年以上の建物は平均100万円から150万円ほど保険見舞金を貰いそびれています!業界トップクラスの調査実績(累計13000件突破)2019年全国平均受給額119万円!各専門家からのお墨付き!

動画での解説はこちら

火災保険申請サポート解説動画

■新型コロナウイルスの対策について

弊社グループでは新型コロナウイルスの感染予防として、事前に検温を行い、訪問時は消毒後にマスクを着用してお伺いさせていただきますので、安心してご利用ください。

マスクを着けた男性の調査員のイラスト

損害保険申請サポートとは

火災保険加入者様を対象に建築、保険の専門家が建物の調査を行い、
保険会社へ損害申請をサポートさせていただきます。
お客様のほとんどが保険料の払い損になっているのが現状です。
私たちが健康診断を行うのと同じく、ご自宅も定期的に調査することをオススメします。

ご説明

お客様にご説明しているイラスト

サービスや火災保険に関してなど、事前にご説明すると同時に、安心してご利用いただけるよう、お客様の疑問点などを解消させていただきます。

無料調査

無料調査の建物のイラスト

工務店などではなく、調査専門のスタッフがお客様の建物を隅々まで調査させていただきます。

資料作成

資料作成のイラスト

建物の状態や保険の補償内容に合わせて被災申請書や見積書を作成させていただきます。

アフターフォロー

アフターフォローをしているイラスト

保険会社に対する申請理由や被災説明などを我々が対応させていただきます。

火災保険について

  • 幅広い補償範囲

    火災以外にも雨、雪、風、雷などの自然災害はもちろん、衝突、破損、突発的事故など幅広く保証された保険です。

    1
  • 見舞金は使途自由

    受給した見舞金は使途自由であり、修繕義務はありません。修繕をご希望される場合は弊社でも工事のお引き受けをさせていただきます。

    2
  • 個人所有は非課税

    個人所有、管理組合は見舞金の課税対象外であり、税金の心配はありません。法人の場合は雑収入となります。

    3
  • 保険料は上がりません

    火災保険には自動車保険のような等級制度がないため、見舞金を受給した後に保険料が上がることはありません。

    4
  • 何度でも申請可能

    一度、見舞金を受給しても、幅広い保証がある火災保険では、異なる理由で新たな被害が生じれば何度でも請求が可能です。

    5
  • カンタン30秒でお申し込み
    カンタン30秒でお申し込み

    調査対象の物件

    下記に該当される物件が無料調査の対象となります

    ①築3年以上の所有物件

    ①築3年以上の所有物件

    ②火災保険に加入済

    ②火災保険に加入済

    選ばれる8つの理由

    • 完全成果報酬

      私たちは見舞金が受給できた場合のみ、総額の40%(税込)を頂戴しております。
      被害箇所がない、申請内容が認められない場合などは一切の費用をいただいておりません。
      修繕なども必須ではなく、追加費用も一切かからないためご安心してご活用ください。

    • 建設会社が運営

      損害保険申請サポートは建設業許可を取得している建設会社が母体となり運営しています。

      保険の知識はもちろん、屋根・外壁・基礎・外構など建設関係の専門知識が豊富にあります。

      修繕のご希望があれば私たちで対応できますので、何かお困りのことがあればお気軽にご相談ください。

    • グループ総実績
      13,600件突破

      私たちはグループ総実績13,600件以上の業界トップクラスの調査実績があります。
      数多くの実績データを元にお客様の状況に合わせたサポートを行うことが可能です。
      通常は見落としてしまうような被害も細かく申請していきます。

    • 受給額
      平均122万円

      2020年の受給率89.7%、平均受給額122万円と最高水準の受給金額を実現しています。

      ご自身で申請して保険会社に却下された物件でも、弊社がサポートを行い見舞金を受給できたケースが多くあります。

      見舞金受給には専門的な知識が必要となりますので、私たちは各所の専門スタッフが申請をサポートいたします。

    • 調査専門スタッフ

      私たちは調査をグループ内で行い、工務店やリフォーム会社に委託することはありません。

      保険申請のサポートには専門的な知識が必要となりますので、一定期間の教育を受けた、複数名の調査専門のスタッフで行います。

      各専門家のバックアップ体制もあり、最新の情報を得られるように、常にアンテナを張っています。

    • 自然災害調査士

      私たちには一級建築士のバックアップはもちろん、自然災害調査士が在籍しています。

      保険申請には災害か経年劣化の判断が重要となります。私たちは数多くの調査実績を元に、自然災害調査士が気象データと建物の状況を重ね合わせて判断いたします。
      最短で最高額の見舞金が受給できるように各専門家がサポートいたします。

    • 弁護士との協力

      2017年ごろから、火災保険を悪用する業者が増え、トラブル数が増加傾向にあります。
      私たちは顧問弁護士と連帯を取り、お客様にご安心いただけるよう、法令に則った業務を行っております。

      調査前にお客様の不安を解消し、ご納得いただいた上でご契約いただいております。

    • 専門調査の導入

      私たちは建設会社の知識や機械を最大限に活用して調査を行っています。
      サーモグラフィ調査、散水調査、ドローン調査などを行い、申請箇所の漏れがないように最善を尽くしています。

      他社では行えない専門的な調査まで取り揃え、お客様をサポートさせていただきます。

    損害保険申請サポートにお任せください

    カンタン30秒でお申し込み
    カンタン30秒でお申し込み

    見舞金受給のポイント

    • 被害が災害によるものか、経年劣化によるものか判断
    • 被災の撮影箇所や撮影角度
    • 申請などの災害報告書の作成
    • 適切な見積書とその理由説明
    • 保険会社や鑑定人との交渉・やり取り

    お客様は2ステップで完了

    申請書の取寄せ

    申請書の取寄せ

    火災保険に加入している保険会社へ申請書を郵送していただくようお電話していただきます。
    入電方法がわからない場合はそちらもサポートさせていただきます。

    書類の記入・郵送

    書類の記入・郵送

    被災報告書や見積書は私たちが作成しますので、お客様には氏名、住所、連絡先などのご記入のみお願いしています。
    万が一わからないことがあれば、お気軽にお問合わせください。

    見舞金受給の流れ

    STEP

    1

    下記フォームにて調査申込

    STEP

    2

    調査担当よりお電話にて建物調査の日程調整
    (不明点があればお問合せ下さい)

    STEP

    3

    建物の調査、被害箇所の写真撮影
    (1時間弱を予定)

    STEP

    4

    保険会社へ各書類の提出

    STEP

    5

    保険会社の立合い
    (第三者機関による鑑定) ※書類だけの場合もあります

    STEP

    6

    保険会社からの災害認定通知

    STEP

    7

    保険会社からお客様の指定口座へ入金

    STEP

    8

    調査会社より見舞金の税込40%をご請求

    お客様への約束

    • 安心してご利用いただけるサービスの提供、最短で最高額の受給を心がけます。
    • お客様の代理行為や、なりすましによる申請等は致しません。
      (弁護士法72条 非弁行為)
    • 故意に壊して災害箇所のねつ造を致しません。
      (刑法第246条 詐欺罪 第260条 建造物等損壊罪 第261条 器物損壊罪)
    • 契約書なしでの調査、サポートは致しません。
      (特定商取引法第4条)
    • 給付された保険金の利用方法に強制することは致しません。
      (独占禁止法第2条)
    カンタン30秒でお申し込み
    カンタン30秒でお申し込み

    見舞金認定金額例

    ※所有物件の条件により見舞金額は変動します

    一戸建て(屋根、雨樋の破損など)

    一戸建て(屋根、雨樋の破損など)

    2,480,000円

    一戸建て(カーポートの破損など)

    一戸建て(カーポートの破損など)

    730,000円

    アパート(屋根、階段の破損など)

    アパート(屋根、階段の破損など)

    1,600,000円

    マンション(壁、床の破損など)

    マンション(壁、床の破損など)

    2,480,000円

    飲食店(備品の破損など)

    飲食店(備品の破損など)

    1,832,000円

    飲食店(シャッター、看板の破損など)

    飲食店(シャッター、看板の破損など)

    2,310,000円

    カンタン30秒でお申し込み
    カンタン30秒でお申し込み

    お客様の声

    ※お客様個人の感想であり、見舞金額を保証するものではありません

    お客様1

    愛媛県 H・S様

    当初は火災保険を有効活用と言われてもピンとこなく、初期費用が掛からなかったのでお願いしたのですが、建物を隈なく調査していただき、実際にお金がもらえた時はびっくりしました。
    保険屋さんは教えてくれないことなので、知らないと損していたので、大変助かりました。

    お客様2

    京都府 I・Y 様

    主人がこちらのサービスの話をしてきたときは、正直怪しい。そんなうまい話があるわけないと思いましたが、実際にサービスを受けてみて、調査に来ていただいたスタッフの方も丁寧に説明していただき、最後まで安心して進めることができました。築年数の浅い我が家でもお金が思ったよりも下り、やってよかったです。

    お客様3

    神奈川県 K・N 様

    屋根の瓦がズレてきていたので調査をお願いしました。見ているとはしごをかけるスペースがないようで、正直難しいのかなと思っていたのですが、ドローンを準備されていたようで、瓦以外の私たちでは気付くことの出来ない部分の災害まで申請していただきました。おかげさまで瓦が綺麗になり、妻も大喜びしています。ありがとうございました。

    お客様4

    青森県 N・K 様

    まだ築 3 年ほどだったのですが、昨年の台風で花瓶が倒れて傷ついた玄関タイルがあったので、相談したとこと保証範囲内であることが分かり、他にもカーポートのちょっとした傷などでも見舞金を下ろしていただくことができ、やはりプロにお願いして正解でした。定期的に調査をしていただきたいと思います。

    お客様5

    熊本県 K・T 様

    私の自宅と実家の調査を依頼させていただきました。私の自宅は雨樋と外壁で被災箇所を見つけていただきました。両親は高齢なので大丈夫かなと心配していましたが、調査担当の方が分かりやすく説明していただいたようで、両親も喜んでいました。よほど嬉しかったのかすぐにお隣さんへも紹介していました。(笑)

    お客様6

    茨城県 Y・T 様

    中古で購入した一戸建てを調査していただき、賃貸物件の飲食店も調査できるとのことでしたので、経営している飲食店の調査もそのままお願いしました。自宅で 230 万円、飲食店で 270 万円おりたので驚きました。
    おかげさまで新しいエアコンを購入することができました。

    各専門家からのご推奨

    各専門家、個人のご意見です

    専門家1

    新生綜合法律事務所
    弁護士 西本俊介 氏

    最近は知識が浅い業者、強引な契約をする業者、工事を強要する業者などが増えてきていますので、業者選びには注意をして頂きたいと思います。
    こちらの損害保険申請サポートでは経験豊富な各所のプロチームが対応してくれるので安心して契約、サービスを受けられますので推奨いたします。

    専門家2

    安藤貴史税理士事務所
    税理士 安藤貴史 氏

    こちらのサービスは個人のお客様は受給できた保険見舞金に税金は掛からななく、使途自由ということもあり自由なお金が増えて助かる方も多いのではないでしょうか。
    法人のお客様の場合でも雑収入にはなりますが、経費などで計上できますので心配はないかと思います。ぜひご活用いただきたいです。

    専門家3

    株式会社天神橋建物
    一級建築士 小野口悠太 氏

    損害保険申請サポートは個人では難しい屋根や外壁などを調査のプロが無料調査してくれるので有難いサービスです。
    住んでいても支障がなく気付かないほどの傷や歪みなども徹底的に調べ上げて頂き、その後の保険会社とのやり取りまでサポートしてくれるので面倒なことはありません。

    専門家4

    元大手保険会社 損害部門担当
    ファイナンシャルプランナー 藤井伸明 氏

    内部にいた人間からしても「保険金未払い問題」は気になる点です。特に火災保険に関してはご自身の目で見える部分しか申請されなく、他の申請箇所を貰いそびれているお客様がほとんどではないでしょうか。こちらの損害保険申請サポートを通じて、プロの調査員に診断していただくことをお勧めします。

    専門家5

    元愛媛県警察 公安部
    行政書士 鎌田善仁 氏

    火災保険を活用した悪徳リフォームのご相談が年々増加傾向にあると聞いています。工事費用ゼロで工事ができると案内される業者が多いですが、こちらの損害保険申請サポートはオーナーが困っていない、プロでなければ判断が難しい申請箇所を探し出していただけ、安心して依頼ができますので、お薦めいたします。

    よくある質問

    どんな建物でも見舞金はもらえますか?
    戸建て、アパート、マンション、倉庫など所有物件が基本ですが、飲食店のみ賃貸物件でも調査対象となります。調査をさせていただき、万が一、申請箇所が見当たらなかった場合は無理な申請はせずに終了となり、費用は一切いただきません。
    建物調査の当日はどんなことをしますか?
    建物の外壁、基礎、屋根など外装を中心に調査させていただきます。必要であればドローン調査を行う場合もありますが、基本的にご説明と調査で1時間弱を予定しています。
    先にお金がかかることはありませんか?
    初期費用は一切かかりません。見舞金が受領できた場合のみ、建物調査、申請サポート費用として見舞金額の40%(税込)をご請求させていただきます。
    リフォーム済みですが対象外ですか?
    リフォーム前の方が申請箇所を見つけやすいのですが、隅々までチェックさせていただきます。リフォームしていない部分で申請箇所が見つかるかもしれませんのでご活用ください。
    2 年前の台風被害なのですが申請できますか?
    災害認定は基本的に3年前まで遡ることができますので、諦めずにご相談ください。合わせて他の申請箇所もあるか調査せていただきます。
    調査日の立ち会いは必須ですか?
    立ち合いは必須ではありません。所有物件が遠方であったり、スケジュール調整が難しい場合はお客様の許可のもと、電話でご説明させていただき、調査させていただきます。
    申請すると工事は必須ですか?
    見舞金は使途自由ですので、被害箇所の修繕義務はありません。工事をご希望の場合は弊社で修繕工事までお受けすることも可能です。
    火災保険を使ったら保険料が上がりますか?
    火災保険には自動車保険のような等級制度ありませんので、保険を活用しても翌年の保険料が上がることはありません。
    どこまでサポートしていただけるのか?
    保証内容の確認、建物の調査、書類の作成、申請後の保険会社とのやり取りなど、お客様が安心していただけるように保険申請をトータルサポートさせていただきます。
    どんな方にサポートしていただけるの?
    弊社には自然災害調査士、一級建築士、弁護士などの専門家のバックアップ体制があると同時に元大手保険会社の損害保険担当の方にもご協力いただき、お客様の見舞金を最短で最高額の受給ができるように努めさせていただきます。

    無料調査のお申込み

    -確認事項-

    下記項目の全てに当てはまらなければ対象外となります。

    • 築3年以上の所有物件である。
    • 火災保険に加入して1年以上経過している。
    • 他社に同様の依頼をしていない。